イスタンブールでのランチ@SEDEF

ランチは近くの大衆食堂的なお店’SEDEF’という所に行っていたのですが、ここのお店のマスターはトルコでTV番組を持っている有名人らしく、いつもお店はお昼時になると、地元の人から観光客で混雑していました。
写真は、サラダの盛り合わせ感覚な一皿。(日本人の私にはサラダには見えませんが…)

IMG_5675

・真ん中はピーマンの肉詰めのようなもの
・右から時計まわりに平打ちうどんのようなものを油炒め
・豆の煮物
・葉物野菜のヨーグルトソースがけ
・根菜のバジル炒め

これでたしか8.5トルコリラだったと思います。(日本円で約400円)

さくっと簡単に食事をしたい場合には、ピデ屋、キョフテ屋、ドネル・スタンドなどがお手頃。お腹いっぱい食べて飲んでも1,000円かかりません。しかも結講おいしいし、隠れた名店もあるので旅行される方は是非一度は食べてみて下さい。

広告

SALEP -サーレップ-

IMG_5553

外を歩いていると写真の金メッキの大きな容器を台車に乗せて「サーレップ!サーレップ!サーレップ!」と大声で呼びかけてサーレップを売る商人があちこちにいました。
サーレップとはホットミルクキャラメルみたいな飲み物で、寒い冬には体があたたまります。

サーレップはラン科の植物の呼び名で、この植物の球根をつぶした粉を使っています。サーレップの粉は水または牛乳と混ぜて弱火にかけると粘り気が出ます。

ちなみにトルコの伝統的なアイスクリーム、ドンドゥルマがのびるのは、このサーレップの粉を使っているからだそうです。

オリーブ石鹸はトルコのお土産にぴったり!

トルコはオリーブの産地で、実は生産高でも世界第6位。オリーブオイル石鹸も質の高いものがそろっています。オーガニックせっけんが多く、お値段もお得。トルコのお土産にぴったりアイテムですよ!

 

イスタンブールのスルタンアフメット地区のバザールにこんなカラフルなオリーブせっけん屋さんが!かわいい♡

それぞれにハーブが入っています。

IMG_8200

ケースがオリエンタルなオリーブせっけん!

kalmaz

ハマム(トルコ式お風呂)にも持っていけるせっけん。ナザールボンジュがついて魔除け効果も期待できそう!?

tsukaikata_himo

 

-ケバブ-

イスタンブールではあちこちでケバブのお店があり、日本でもよく見かける四角形に切った肉を串に刺して焼いたものだったり、
屑肉を固まりにし、回転させながら焼いたものを削ぎ切りしたドネルケバブ (Döner Kebabı)、 ヨーグルトを添えて食べるイスケンデルケバブ (İskender Kebabı) なんかもあります。
様々な焼肉料理がケバブと総称されてるようです。

IMG_5101

写真は、ケバブと野菜とピラフ(ピラフはトルコ発祥。)をパンではさんでいます。

イスラム教は豚肉が食べれないことから、羊肉、牛肉、鶏肉でケバブを作っています。

これが一度食べると、独特のスパイスの調合がやみつきに!

世界各国のトルコ人街では必ずケバブが売っていると思います。
最近日本でもケバブが出回っていますよね!

みなさんも是非一度ご賞味下さい!クセになりますよ!