Cappadocia(カッパドキア)のおまじない。

画像

‘妖精の煙突’と呼ばれる不思議な岩のCAVEの間に位置するギョレメ は、トルコの歴史地区カッパドキアの町です。世界遺産にも登録されています。映画『STAR WARS』のタトゥイーンの舞台にもなっています。

写真の木にティッシュがくくりつけてありますが、これは『ここへまた来る事ができますように。』というおまじないなんです。私もくくりつけてきました。

壷には各国の言葉でお願い事がかかれていますね。魔よけのシンボル『ナザールボンジュ』が私たちのお願い事が聞き届けられるよう守ってくれています。

ティッシュは販売していませんが(笑)『ナザールボンジュ』はトルコアートでも人気商品です。きっとあなたの願いを聞き届けてくれることでしょう。

『ナザールボンジュ』はこちらからどうぞ↓

http://turkart.jp/?mode=cate&cbid=1321367&csid=0&sort=n

 

広告

Oriental multi cover -オリエンタルマルチカバー-

IMG_0011
先日撮影してUpしたばかりのマルチカバー、売れています!
このチューリップ柄がなんともオリエンタル!

トルコ語でチューリップのことを「ラーレ」と言います。

オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世の保護のもと、華やかな宮廷文化が生まれた17世紀のオスマントルコでは此花が大流行し、多くの宮廷用具にチューリップのモチーフが用いられました。

現在でもチューリップはトルコの国花であり、もっとも人気の高いモチーフです。日本のチューリップとか少し違い、先がシュっと尖っていて、優雅で洗練されたモチーフですよね。
IMG_0146
この伝統的なチューリップのデザインをアレンジして、素敵なカバーをお仕立てしました。

写真のベットカバー以外にも、ソファーやテーブル、目隠し用など、あなたのアイデア次第でお部屋を素敵に演出して下さい。

 

Oriental multi cover -オリエンタルマルチカバー-

http://turkart.jp/?pid=54358767

Sultanahmet Camii (ブルーモスク)

スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)はトルコのイスタンブールを代表するモスク(イスラム教の礼拝堂)です。

IMG_5336

IMG_4268 IMG_4283

ここら辺一帯が世界文化遺産に登録されていて、振り返ると向かえにアヤソフィヤ(モスク)があったり、地下宮殿の通称で知られるバシリカ・シスタンがななめ向かいにあったりと、圧倒的なトルコの歴史に大興奮エリアとなっています。

IMG_4300

ブルーモスクはオスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造されたそうです。ちなみにこの辺一帯をスルタン・アフメット地区と呼びます。

 

ブルーモスクは世界で最も美しいモスクと言われています。設計者はメフメト・アーさん。トルコ人スタッフが『この設計者は偉大だ!』と尊敬していました。

IMG_4284  IMG_4285

 

世界で唯一優美な6本のミナレット(この辺にいる物売りのトルコ人は口々にシックスミナレットは特別だ!と言っていました。)と直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク地方製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクと呼ばれています。

IMG_4282

夏には音と光のショーも催され、幻想的にライトアップされた夜の姿も楽しむことができるそうです。普段の夜もライトアップされていて、周りには大群の鳥たちが飛んでいて、それはもうオリエンタルビューなのです。

IMG_0863

キリム 2WAY ショルダー付 ラウンドバッグ -NEW-

 

bag

kilim 2way sholder round bag

以前買い付けに行った、kilim Bag Factory(バッグ工場)から無事商品が届き、オンラインショップページにも並びました!

IMG_0661

同じデザインでも、まずレザー部分が黒と茶2種類!
使うキリムは全て違うデザイン!

『世界にひとつだけのバッグ』となっております〜!

こちらのバッグは現地で一目惚れして選んだ逸品!
表と裏のキリムがち・が・うんですよ〜☆
ファッションに合わせて、見せる面を変えたらオシャレです〜ぅ!

IMG_8798

しかもラウンド型だから、たっぷり荷物も入るし、この形はなかなかないっ!! レザーも色合いもいい感じの赤茶だし、縫製もきれいで永く使えそう!

もちろんキリムだって、元々はラグとして使われていたものだから、織り子さんが一糸一糸結んで作っていますのよ!気が遠くなる作業!

シーズン問わず、時代問わず使えるバッグ!

全体のデザインはこちらでchek it out!(チェケダ!)
http://turkart.jp/?pid=55524541

Shopping気分。

提携店のottomaniaでは写真のような感じで、ターキッシュソファ(これがまた座り心地が良い!)に腰をおろし、

sofa

 

チャイかトルココーヒーを飲みながらゆっくりラグを選ぶ事ができます。

kilim

kilim

日本語のできるスタッフもいますので、日本語もokです。

トルコ人スタッフに教えてもらったのですが、日本語とトルコ語はセンテンス(文章)の並びが一緒なので、単語を覚えれば1つのセンテンスを作る事ができるそうです。

『これいくら?』は

『Bu ne kadar』ブ ネ カダル? ←よく使える!

『このラグをください』は

『Bu halı al』ブ ハリ アル(私は 絨毯 買う)

これでトルコに行ってラグを買えますね!

トルコアートのHPでも提携店のottomania(http://turkart.jp/?mode=f2)を紹介していますので、是非見てみて下さい!ホントに超観光地のど真ん中にあります!
ブルーモスクもお店から見えますし、近くにはアヤソフィヤ、地下宮殿、トプカプ宮殿、グランバザールなど、魅力がいっぱいのエリアにあります。

グランバザール

トルコ語で“Kapali Carsi(カパル・チャルシュ)”、「屋内市場」という意味をもつグランバザール。画像

はるか昔、オスマントルコ帝国時代の1461年から続く歴史的建造物で、時代と共に増築が繰り返されたため、奥へ奥へと果てしなく続く通りはまるで迷路のようで、進むたびワクワクします。

64のストリートと、22もある出入り口に加え、3600を超える店舗を有している、世界最古で最大規模のデパートの一つとも言われます。丸一日あっても足りないかも!?画像

グランバザールはお店(提携店)から歩いて10〜15分くらいの所にあります。

このあたりのエリアはさすが一大観光地。様々な名所があり、色んな国の言葉が飛び交い、街全体がエネルギッシュ!画像

-Chai- チャイ

画像

 

トルコでは一日中よくチャイを飲みます。
朝、お店に着くとすぐ『チャイ?』とスタッフのキャナンが聞いてきます。
『エベット チャイルトゥフェン(はい、チャイお願いしま〜す)』と言うと、素敵な持ち手のついたシルバートレイの乗せられてチャイが出てきます。

チャイ1杯に付き、角砂糖2個付いてきます。スタッフはこれを1日7〜8杯飲みますから、あきらかに糖分オーバー!!

でも、平気で彼らは飲むんです。
飲みながら、よく雑談してます。ラジオやyou tubeをかけて。
流れてくるのは、シンガーがこぶしを効かせたトルコミュージック。

お客さんが来た時も、「まぁ、座って」と言う感じで、『チャイ それとも コーヒー?』と聞き、お客さんは飲みながらカーペットを選ぶわけです。

人と人との潤滑油的役割を果たすチャイ。

トルコのチャイはどんな国の人たちの間でも、コミュニケーションをなめらかに運んでくれます。

トルコのお守りナザールボンジュウ -Nazar Boncugu-

ナザールボンジュウ

当ショップのロゴマークにも使われているナザールボンジュウ (Nazar Boncugu)
トルコ語でナザールは「目」や「視線」、ボンジュウは「ガラス玉」を意味します。

悪意を持った視線(邪視)により、災いが降りかかると信じられているトルコで、
その視線をそらす又は、跳ね返す目玉という意味を持つお守り、ナザールボンジュウ。

「凶眼の魔力」により身を守ってくれるものとして信じられ、
紀元前から伝わる魔除けのお守りです。

災いが降りかかった時、この目玉が身代わりとなり割れるといわれています。

常に身につけられるアクセサリーや、持ち歩けるキーホルダー、
部屋に置いておける置物や壁掛け等、ナザールボンジュウはいろいろな種類があります。

是非あなたに合ったナザールボンジュウを見つけてくださいね!

ナザールボンジュウ

ナザールボンジュウ オーナメント ガラスビーズ付 (目玉直径9cm)

こちらの商品は、存在感のあるナザールボンジュウのオーナメントです**
カラフルな紐にナザールボンジュウが編み込まれています。

お部屋以外に、玄関や、車などにもおすすめです☆

オーナメントの他、キーホルダーやブレスレットなどもございますので、
ナザールボンジュウが気になった方は、是非チェックしてみてくださいね◎

Turk Art ~ナザールボンジュウ~

オールドキリム クッションカバー  -Old kilim cushioncover-

‘オールドキリム クッションカバー’

家庭で使われていたオールドキリムのきれいなところだけをカットして、クッションカバーに仕立てました。 クッションはお手頃価格で色味、質感、手触り、使い心地などをトライすることができ、なおかつインテリアもセンスアップできるアイテムとしてファーストキリムにおすすめです。

画像
画像

オールドキリム クッションカバー 40cm トルコ製

キリムとは平織りの薄い織物です。そしてキリム=Kilimとはトルコ語です。 トルコ語のキリムが一般的に普及しているため、現在では平織りのものを産地に関係なく、総称してキリムと日本では呼んでいます。

オ−ルドキリムとは織られてから約25~60年たっています。

■100年以上経たもの アンティーク

■60年〜100年未満 セミ・アンティーク

■25年〜60年のもの オールド

ひとつひとつ違うデザインを楽しむのはもちろん、似たデザインを並べるのも統一感がでてすっきりします。

画像

使い込んだオールドキリムの色合いは、どんなテイストのインテリアにも不思議とマッチします。トルコ各地の柄・模様のキリムを使ったクッションカバーがあるので、気に入った柄同士を何個か組み合わせるミックス感覚も新しくて楽しいですね。

画像

例えば、もうキリムが敷いてある通な方のお部屋には、そのキリムの一部の柄や色と合わせてクッションカバーをセレクトするも粋なインテリアですね!

厚みがあって、丈夫なクッションカバーは、中綿なしでカバーのみをカフェやお家のソファ・チェアのシートにしたり、車のシートに敷いたりするアイデアも個性的でおしゃれ。

遠く海を渡ってきたトルコのキリムを、あなたの自由なアイデアで、センスアップに是非お役立て下さいね。

画像